金ケ崎薬草酒造

金ケ崎薬草酒造_logo_color.png

国産ハーブリキュール工場として、

岩手県金ケ崎町に「金ケ崎薬草酒造」を立ち上げました。

 

季節が香る 和ハーブリキュール「和花」をはじめ、

茶酒、アペリティフリキュールや国産アマーロなど

様々なハーブリキュールの製造を主に行っています。

 

廃棄されてしまう野菜や果実を主な原料として使用することで

​食品ロスの少ない社会を目指しています。

日本は世界的に見ても

魅力的なハーブ(紫蘇や山椒、わさび)や果樹、柑橘類の宝庫です。

自然豊かな金ケ崎町で、果草木根、様々な植物を使った商品を作り、

国際的なブランドにしていくことが私たちの目標です。 

 

現在の主な商品

 和ハーブリキュール「和花」

・茶酒・桑ノ木田30

・茶酒・日本べに紅茶


 

 

K.S.P 薬草ファーム

薬草ファーム_logo_color.png

私(老川)は、バーテンダーという仕事で様々なお酒に触れ合う中で、

薬草酒の世界に深く興味を覚えました。

 

そして世界中に存在する植物の魅力を沢山の人に伝えたいと思い、

金ケ崎町でハーブの生産を始めました。

 

将来的には『金ケ崎町を薬草の故郷』にすることを目指しており、

現在では約50種類の様々なハーブを育て、

「K.S.P 薬草ファーム」として、ハーブ園の運営を行っています。

 

原料であるハーブの栽培のほかに

ハーブの収穫体験や育成指導を行う予定です。

SNSやイベントを通して、ハーブの魅力を伝えていきます。

 

 

 

また、原料を提供していただけるパートナー様を募集しています。

例えば、庭先にある金木犀の花や、裏庭のドクダミ、蓬、アシタバ、

そして廃棄されてしまう果実や野菜など、

私たちの暮らしに身近にある植物や、普段捨ててしまうような農産物を

主に買い取らせて頂いております。

 

一つの材料を大量に生産する従来の農業生産ではなく、

少しの原料を沢山の生産者さんから共有して頂く事によって、

お互いに無理のない生産・供給体制を目指しています。

 

こんな原料使えるの?など、原料についてご相談や、

今育てている農産物にお悩みがありましたら、お気軽にご連絡頂けると嬉しいです。

 

K.S.P デザインラボ

デザインラボ_logo_color.png

これからの製造業に求められる姿とは何か。

商品を作り世の中に送り出す事によって私たちの暮らしや社会環境に与える影響を考え

デザインしていく事であると私たちは考えています。

 

数限りある環境資源を大切にしながら、経済活動に貢献できる、

新しい暮らしのあり方を提案していきたいと思っています。

 

弊社では、小規模生産の強みを生かした

リキュールのOEM事業も行っています。

商品の企画提案、原料確保、プロダクトデザイン、商品の製造、販売戦略まで

ノンストップで支援させて頂きます。

小ロットでの製造も可能です。

お気軽にお問い合わせください。