• oikawa kazuma

菊の定植

こんにちは。


最近は、ハーブの育苗もほとんど終わり、

5月中にはいよいよ植え付け作業が始まります。



今回は、GWに行なった菊の定植作業について、動画を作りました。

※備忘録的な感じです。



振り返ること今年の1月。

大雪の中、暖かいハウスでぬくぬく育った菊。




2月の菊

結構大きくなりました。




2月下旬、芯止めを行います。

※芯止めとは、草花や野菜の茎の先をカットすることによって、脇芽の生長を促すことを言います。
一般的に草花の多くは頂芽優勢(ちょうがゆうせい)と言って、茎の一番頂点の芽を優先的に生長させ、それより下の脇芽の生長を抑えようとする性質があります。そのため、自然に育てると茎の頂点にしか花が咲かなくなりますが、摘心をすることによって頂点の茎が切られると、脇芽の生長が始まります。


ここから1ヶ月後(3月)には、

かなり大きくなったので挿し木していきます。





さらに1ヶ月後(4月)には根をはり、定植できるまでになりました。




そして5月のGW。

今年は、このマシーンを借りてきたので

文明の利器に頼ってみようと思います。




カップに苗を入れると自動で植えてくれます。

(詳しくは動画で)


2000本の定植が、2~3時間で終わりました。

素晴らしい👏




綺麗な菊の花が無事に咲くことを願っています!





閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示