• oikawa kazuma

和ハーブリキュール「和花」いよいよ販売!

皆様、お久しぶりです。


実は新年一発目のブログ更新が3月になってしまいました。

改めて、今年も宜しくお願い致します。


昨年の12月から行っていた「Makuake 和ハーブリキュールプロジェクト」が終了し、

3月から商品の発送が始まりました。

今回はこの辺の思いを書いて行きたいと思います。





まず、知っている方も多いかと思うのですが、

昨年の12月からMakuakeという「アタラシイものや体験の応援購入サービス」にて

和ハーブリキュール「和花」シリーズのプロジェクトを行っておりました。


https://www.makuake.com/project/herb_liqueur




応援購入していただいたサポーターの皆様、

長い期間お付き合い頂き、本当にありがとう御座いました。






よく聞かれるのですが、今回、なぜ一般販売より先にMakuakeを行ったのか?

理由は2つあります。




1、テストマーケティングを行いたかった。


2、より多くの人に和ハーブリキュールという存在を知って頂きたかった。




クラウドファンディング=資金調達 というイメージが強い方も多いと思うのですが、

Makuake自体がクラウドファンディングという言葉は使っておらず、

僕も今回、広告宣伝的な使い方をさせていただきました。




1、実際に日本には和ハーブリキュールというコンテンツ自体がほとんどありません。(あってもバーでカクテルに使われるのがほとんどです)

そんな中で、僕たちが今後「和花(和ハーブリキュール)」を一般の方に広めて行くためには、現状のニーズがどれくらいあるのかを体感しなければなりませんでした。




2、僕たちはプロジェクトの期間を約3ヶ月と長めに設定しました。出来るだけ多くの方にこのプロジェクトを知ってもらう事によって、直接購入に繋がらなくても、「和ハーブリキュール」というワードを多くの方に目にして頂いたと考えました。





実際にやってみて思ったこと。



1、まず、予想を大きく超える方に応援して頂いたことが何より嬉しかったです。

プロジェクトの公開初日は、不安と期待が入り混じる人生でも経験したことのないような感情だったのが今でも忘れられません。

終わってみれば300万円を超える金額が、、、これは Makuakeのお酒全体のプロジェクトでも上位10%、リキュールのプロジェクトでは過去2番目の数字となりました。

実は、Makuake内の今日のランキング4位になった日もありました!








2、この期間にプレスリリースを出しまくりました。地元のテレビや新聞に取り上げて頂き、岩手県内に嫌というほど「金ケ崎薬草酒造」「和ハーブリキュール」を発信しました。記者の皆様、素晴らしい記事を沢山書いて頂き、本当にありがとうございました。


結果としては、やってよかった!と思える内容でした。



次の目標は

「少しを楽しむお酒」 和ハーブリキュール 和花

を沢山の方に届けていくことです。

久しぶりにユーチューブ撮影のためにカクテルも作りました。

これから定期的にカクテルを作る動画も出して行きたいなぁと思います(シェイクはリハビリが必要)。




最後に、 Makuakeを一緒に準備し、成功に導いてくれた

カメラマン兼ライターの米山さん。 https://guyichiro.com

プレスリリースから商品のブランディングまで一緒に協力して頂いた

岩手県よろず支援の佐藤コーディネーター。 https://iwate-yorozu.jp/coordinator/

応援して頂いたサポーターの皆様。

本当にありがとう御座いました。


引き続き、金ケ崎薬草酒造にお付き合い頂けますと嬉しいです。

今年はイベントも企画しておりますので、皆様とお会いできることが楽しみです!!




閲覧数:146回0件のコメント

最新記事

すべて表示